Afternoon Log

日々のことや、技術的な備忘録を吐き出していくつもり

『いけにえと雪のセツナ』

あの頃のRPGを今一度。
その思いを持って作られた『いけにえと雪のセツナ』

前々からちょくちょくやっていて、ようやくボスを倒しEDを見ました。


実は言うと、僕は子供の頃そんなにゲームを出来る環境ではありませんでした。
この作品はかのクロノ・トリガーをベースに作られてますが、それもやったことないです。
そんな、「あの頃」を知らない自分でしたが、すごく楽しむことが出来ました。


まず最初に心に沁みるのは音楽でしょうか。
ピアノによるBGMはどれも素晴らしく感じました。
雪に覆われた世界をこの音楽と共に歩くことができる。
儚くも澄んでいる。
素敵です。
サントラ買わなきゃ……。


ゲームシステム的な部分では、ATBです。
これも自分は初めてで、最初はあわあわ焦ることもありました。
全快のキャラを回復させたりね……。
そして、それにプラスしてある刹那システム。
これがより戦闘に面白さを加えています。
元々ATBは待つということも必要ではあると思うんですが、それにより更なる意味を持たせられています。
刹那システムに合わせて、昇華システムも面白いものでした。
魔法を装備して、切り替えるってのも新鮮な感じ。


あと、他にも地味に嬉しかったのが、
ドロップ素材は全て売ってしまって良くて、その量で魔法と交換出来るというもの。
ついつい素材とか取っておきたい派の僕としても、売り切ってしまえるのは楽だった。


さて、ストーリーというか、ボリュームの話ではちょっと短いかな?って感じでした。
勿論長ければ長いほど良いと言うわけではないですが、程よくまとまっていたと思います。
果たして、心に残るRPGになったのか。


僕は、良かったと思っています。




1週目で倒し切れてない強敵や、箱がまだ残っています。
トロコンまで頑張るかはちょっと未定ですが、もう少しこの旅を続けようかな。

広告を非表示にする